シャコの塩茹で

有明海に生存する、珍しい生き物、シャコ(蝦蛄、という字を書きます)。
有明海限定かと思ったら、瀬戸内海にも生息しているそうです。 エビに似てますがシャコ科の生き物で、別物です。 久しぶりに食べてみたくなったので、買って来ました。



1、材料


シャコ

ちなみに九州の一部の地域では「しゃっぱ」とも呼ばれます。 でも、長崎出身の人に言ってみたら通じませんでした(熊本、福岡の方言?)。

2、洗う


ボウルに水をいれて、よく洗います。 素手で洗うとトゲがささって痛いので(ほんとにささって血が出ます)、 箸を使って洗います。

3、ゆでる



沸騰したお湯に塩を入れ、シャコを投げ込みます。
なお、低い温度の時に入れるより沸騰しているときに入れたほうが皮がむきやすいです。

少しだけ隙間をあけて蓋をします。

元気なシャコが蓋の隙間から顔を出したら再び中に押し込みます。

ゆでがあり。
濃い色に変わりました。

4、食う


殻をむいて食べます。
>BR? エビに比べて身が小さいのが難点。 ですが独特のうまみはたまりません。
塩か、わさび醤油で頂いてください。

ちなみにてんぷらにすれば殻ごと食べられます(エビフライ同様)。

一番美味しいのは、春に卵を抱えた頃のシャコです(身がもっと詰まってます)。

「最近食べている人の顔が出てないので出してください」
という読者の要望に対するサービスカット。