鮭のちゃんちゃん焼き

今の職場に来て約1年。
ここで出会った師匠に、様々なことを学びました。

その師匠から、課題を頂きました。
「かぼすとピーマンを使って、究極の料理を作れ!」(やや誇張)
今までに習ってきた料理の成果が試される時です。


というわけで選んだ料理「鮭のちゃんちゃん焼き」。
秋鮭を使った、北海道の料理です。



1、材料


鮭、各種野菜、味噌、みりん
ここで師匠から頂いたピーマンを使っております。

2、包丁技


タマネギは一口大の角切り。

ピーマンも一口大。

3、味付け



味噌とみりんを練ります。

4、焼き


鮭を、大きな塊のまま熱した鉄板で焼きます。

しばらくして裏返し、野菜を加えてください。

ところで、もやしは水洗いせずに使うほうがいい、ってこと知ってました?

熱が通ってしんなりとしてきましたら…

鮭の上にみりんと混ぜた味噌を塗り、そのまま蓋をして火を弱めて蒸し焼きにしてください。
この時点で「ちゃんちゃん」と音がすることから、この名前がついたそうです。
そんな音、全くしませんでしたがね。

5、完成


火が通ったらできあがりです。
よくほぐして盛りつけて下さい。

6、恒例の試食


至福の笑みを浮かべるM氏。