カツ丼

「喝!」(どん)




1、だし


だしをとります。今回は、前々日から干ししいたけを水にいれてとりました。

2、材料


トンカツ、卵、たまねぎ
ネギなども入れると美味しいかもしれませんね。

3、卵を溶きます。


あまりあわ立てず、白身をきるようにして混ぜます。

4、タマネギを切ります。


火が通りやすいように薄切りにしていきます。
泣きたくなりますが、我慢です。

5、フライパンにたまねぎを敷きます。


底の浅い鍋、なければフライパンにたまねぎを敷きます。
その上に、切ったカツを綺麗に並べてください。

だし、醤油、みりんを加えて加熱します。
比率は3:1:2、です(お好みで)。

6、材料投入


火が通ったら、溶き卵をゆっくりと円を描くように流しいれてください。
それから蓋をしまして、弱火で蒸らします。

7、完成


卵に火が通り、半熟状態で固まったらできあがりです。火を止めてください。

8、盛り付け


カツを崩さないようにどんぶりの上に盛りつけて下さい。
盛り付けが多少崩れようが、味には関係ないので気にせずにどんぶりに載せましょう。
作り方は師匠から口頭で聞いたとおりに作っておりますが、 記憶違いなどがあるかもしれません。 間違いがありましたら、私の方に連絡を下さい。
但し、「このフライはトンカツではなく白身魚フライじゃないのか?」 というツッコミは却下させていただきます。