親子丼

親子、っていうけど、普通は本当の親子じゃないですよね。
少なくとも、今回使った鶏肉は古処鶏なんで卵を産んではいないはずです。




1、だし


だしをとります。今回は、前日から干ししいたけを水にいれてとりました。

2、材料


鶏肉、卵、たまねぎ
言い換えれば
鶏の親子とたまねぎ

3、卵を溶きます


あまりあわ立てず、白身をきるようにして混ぜます。

4、フライパンにたまねぎを敷きます。


底の浅い鍋、なければフライパンにたまねぎを敷きます。

5、材料投入


その上に鶏肉を載せ、だし、醤油、みりんを加えて加熱します。

6、卵を流しいれます


火が通ってきたところで、卵をそっと流しいれます。 糸状にして、円をかくように流しいれます。

7、蒸らします


弱火にし、蓋をして蒸らします。
中の卵が半熟になって固まったらできあがりです。

8、ごはん用意!


できればアツアツの炊きたて御飯を、どんぶりによそいます。

9、親子をかけます


どんぶりの上に調理された鶏の親子をかけます。

10、完成!


お好みで、三つ葉をのせてください。
「美味しんぼ」の山岡氏によると、「三つ葉なしで親子丼を食うな」ということらしいですが。

11、いただきます


手を合わせてから召し上がってください。
(最近本人の顔出さないんですね、というツッコミをうけたんで出しました。逆行状態で)