たこやき

ありふれている食べ物のようだけど、一般家庭ではなかなか作れない。
専用の鉄板がないと作れない料理。

…なんて思っていたのは関西以外の人間だけで、 関西では普通に一般家庭にたこ焼き用の鉄板とたこ焼き用の粉があるんですよ。



1、材料


小麦粉2カップ、卵1個、水1カップ
タコ、天かす(お好み量)

キャベツのみじんぎりとか、乾燥小エビ、山芋なども入れると美味しくなります。

Q1. タコがどうみてもウィンナーに見えるのですが、どうしてですか?
A1. タコさんウィンナーの原料だから、タコということにしといてください。

2、生地をつくる


ふるった小麦粉に、水と卵を加えて混ぜます。 だし汁を入れても美味しくなります。

3、鉄板



鉄板を温めます。

4、焼き方


鉄板に油を塗った後、天かすを入れます。

適当にばらまいたあと、箸で調整するのが早いです。

生地は一気に流しいれます。


入れ終わったら、小さくきったタコを1切れづつ入れていきます。

2個入れると、後で喧嘩になる焼き方にムラが出ますし真ん丸くならないので、 1個づつにしてください。

ちなみに、昔たこを入れる前は、こんにゃくや味をつけた牛肉などを入れていたそうです。 関西でも、家庭でやるときはいろんな具をいれて楽しむそうです。
(というか、タコは案外高いのでウィンナーの方が安い)

5、返し


一番コツがいるところです。
1個1個、串を使ってひっくり返していきます。

手早くやらないと焦げてしまったり、固まったりして球体になりません。 「失敗しても無視」ということを頭に入れて、次々と返してください。
ひっくり返すのに失敗した奴に時間を取られると、さらに他のが焼けてしまいますから。

6、完成


うちではだし汁としょうゆを入れてあるので、ソースはつけません。 お好みで、ソース、かつおぶし、マヨネーズなどをつけて召し上がってください。